治療法や矯正装置|矯正専門医|関洋一郎オフィシャルサイト

矯正専門医 DR.SEKI オフィシャルサイト

矯正歯科治療には患者様の症状に合わせて、様々な治療法があります。ここでは治療法・矯正装置についていくつかご紹介いたします。

矯正治療法

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。

ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。


インビザライン

インビザラインとは不正咬合を矯正するため、患者様一人一人のために治療計画に基づきカスタムオーダーされる、取り外し可能な最新の矯正装置です。
独自のCAD/CAM(光造形)技術により作成される装置(アライナー)を段階的に連続して使用することで、歯の移動を行います。通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。

また、最先端のCTスキャン技術により患者様の歯形の印象から高精度の模型をコンピュータ上に具現化する事が出来ます。クリンチェックと呼ばれる独自の3次元シミュレーションソフトを通じ、治療開始から完了までの治療計画の検討と立案が出来ます。このコンピュータ画面上で歯の移動シミュレーションを詳細にみる事が出来ます。


裏側(舌側)矯正

裏側(舌側)矯正とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。装置が見えてしまうことが気になる方や職業上の制限などで、矯正治療そのものを断念せざるを得なかった方には適している矯正法です。
しかし、違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。



※症例写真掲載に関し、不都合が生じた等の場合はDr.SEKIまでご一報ください。
治療法や矯正置
矯正装置について
治療法や矯正置トップへ
患者様の声
よくあるご質問
対談・コラム